fc2ブログ

記事一覧

PC-9821CeのFDD、FD1138Tを分解

前回マザーボードが起動するようになりました。

続けてマザーボードのコンデンサの交換をしても良いのですが、先にFDDを修理してDOS起動させたりゲームを起動して音を鳴らしたりするような環境を作ろうかなと思います。

FDDを分解する際に、シャッター側は絶対に触らないように、他3辺か、上部突起などを持って外すようにしましょう。

シャッターやイジェクトボタンなどはプラスチックの劣化もあり、非常にもろく折れやすいです。


p1714.jpg

グリスが固着して硬くて回転が重く、コンデンサから液漏れしているドライブと、コンデンサが液漏れしてポロリと取れてしまっているドライブ。


どちらも悲しい姿に・・

型番はFD1138Tです。早速分解していきます。


p1715.jpg

銀色のフタがツメのみでかぶせてあるので、精密ドライバーのマイナスとかで開けます。

写真に写っていませんが4つのツメで固定されています。


p1716.jpg

そうするとシャッターが外せるようになります。


p1717.jpg

シャッターを軽くバネがある方にずらすと反対側が外れますので、今度は逆方向にずらして引っこ抜きます。

矢印の方向以外の向きに動かすと軸に負担がかかり折れるかもしれないので注意します。


p1718.jpg

イジェクトボタンを外します。

もろくなって折れやすい部品です。

矢印のツメの引っ掛かりがキツくて外れそうにない場合は、金属のツメの方を上から押してツメを少し平らになるように曲げてしまう方が良いかも。


p1719.jpg

黄色く変色してしまっているので、修理中に漂白しておきます。


p1720.jpg

汚れがひどいので、組立前には掃除をして、新しくグリスを塗ることにします。


p1721.jpg

上部の可動部分を外していきます。

イジェクトボタンのプラスチックを外すと、イジェクトボタンを更に押し込めるようになります。

イジェクトボタンを押し込むと、手前側が上、ヘッドのある奥側が下に傾きます。


p1722.jpg

奥側が下に傾くとヘッドの上下が接触するので、あまり強くぶつけてしまわないように注意しつつ、板をゆっくりと手前にひっぱり出します。


p1723.jpg p1724.jpg

次に下側の板を外します。

引っ掛かっているレバーのような部分を矢印の方向に動かすと外れます。


p1725.jpg

バネを無くさないようにピンセットなどで外します。

4本のネジも外してしまいます。


p1727.jpg

裏のネジを外せばドライブごと基盤が外せるようになります。

ドライブのモーター部分と基盤は細いケーブルではんだ付けされているので、無理な力がかからないようにしましょう。


p1728.jpg

丸のところを外すように少し矢印の方向にずらすとドライブと基盤が外れます。


p1729.jpg

これでやっとコンデンサにアクセスできます。


p1730.jpg

もう一台も分解し、次はコンデンサの交換をします。

今日はここまで。

スポンサーサイト



Amazon

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

よく読まれている記事

プロフィール

osimasan

Author:osimasan
osimasanブログへようこそ!
日々の何気ない事から、技術系、修理なんかも情報を上げていきたいと思います。
整備系の内容はここの方がまとまってるかもしれないです。Twitterは@osimasan1515

リンク

Amazon